実績写真アパート
実績写真住宅
塗装知識
カラーシュミレーション
光触媒
価格表
会社案内
トップページ
特殊塗装

中間マージンが発生しない為、工事価格が100%工事に生かされます。

専門店ならではの技術・実績・アフターサービスがあるでしょう。

同じ工事内容なら安価にて、同じ価格ならより高品質な工事が可能です。

どこに依頼しても、工事をするのは塗装店です。

弊社では工事に係わる職人が見積もりから施工、アフターサービスまで担当致しますので

話の食い違い等もなく安心です。

最近流行りの一括見積もりサイトを利用して地元塗装店へ依頼した場合は上記に当てはまりません。

面倒でもお客様自身が、塗装店へ直接連絡をして中間にいかなる業者も挟まない事が重要です。

(訪問営業への依頼と一括見積もりサイトの利用は慎重に!)

業者選びについて
ページ上部へ
ページの上へ移動
塗装工事の依頼先は主に塗装店・大手建築会社・工務店・リフォーム店

等が挙げられます。特徴を申しますと
塗装業者

業者選びをさらに詳しく

価格は高くなりますが、塗り替え工事だけでなく、増改築から小さな工事まで

窓口が一件の業者で終結致します。
B工務店やリフォーム店
価格は高くなりますが、塗装に関する知識も豊富で、厳しい検査があり安心です。
A大手建築会社(設計事務所やハウスメーカー)の場合
@弊社のような、地元塗装店の場合
ぺーじの上へ移動
工事期間について

工事内容によって異なりますが、35坪位の住宅で15日前後でしょう。

塗装工事は、気温・湿度等を考慮し、乾燥時間・塗り重ね時間の延長や

工事途中に気づく、高所の下地の欠陥や様々な修理(雨どい・瓦等)により

工事終了予定が変わってきます。工事期間中は、何かとご不便も多いと

思いますが、塗装業者も出来る限り迷惑をかけぬよう気をつけています。

少しゆとりを持った工事期間を与えて頂けると助かります。

ページ上部へ
ページの上へ移動

文字通り、十人十色 好みの色が一番でしょう。 

イメージより濃い目の色を大きい見本で屋外にて確認しましょう。

弊社では、カラーシュミレーションを作成していますので、大胆なイメージチェンジも

安心して行えます。

ページ上部へ
ページの上へ移動
塗装色
塗料について

材料の耐久性は樹脂と希釈剤及び硬化方法できまります.

樹脂の耐久性順に、アクリル・ウレタン・シリコン・フッソになります。

希釈剤の耐久性順に、強溶剤・弱溶剤・水性になります。


硬化方法順に、2液硬化・1液反応硬化・乾燥硬化になります。

上記塗料に、防カビ・透湿・弾性等の付加機能を加えています

安易に高価な材料を選ぶより、価格と耐用年数のバランスを考えましよう。

塗替えの場合は、旧塗膜との相性も考慮します。適材適所これが大切です。

塗料選択についてさらに詳しく

ページ上部へ
ページの上へ移動
塗装価格

価格についてさらに詳しく

外壁  150u  足場  下地処理含む 約35坪住宅の平均壁塗装

ウレタンの場合 35万〜50万

アクリルの場合 30万〜45万 

シリコンの場合 40万〜60万

弾性シリコンの場合 40万〜70万

屋根 100u 下地処理含む 約35坪住宅の平均屋根塗装

 アクリル塗装の場合  8万〜15万

2液ウレタン塗装の場合 15万〜30万

 水性シリコン塗装の場合 10万〜20万

 2液シリコン塗装の場合 25万〜40万

一番気になる所だと思います。しかしながら下地状況(痛み具合)や立地条件その他

使用塗料の選択・工法・色彩等お客様のニーズも千差万別で一口に○○円とは

言えませんが、大まかにご提示いたします

費用について

塗装の剥がれ

目視にて検査して下さい。

早急に修理して下さい。建物の老化を促進します。 

塗装劣化錆び

サビ

目視にて検査して下さい。

そのままにして置くと穴が開いたりします。

撥水性

建物に水をかけて見て下さい。

塗膜にしみ込む様であれば危険信号です。

クラック

クッラク(ヒビワレ)

目視にて検査して下さい。

1mm以上ヒビワレは、必ず修理して下さい。

そのままにして置くと、雨漏りや腐食の原因になります。

塗り替え時期について
塗装劣化チョーキング
チエックポイント

建物は耐えず厳しい自然環境にさらされています。

塗膜の老化が建物全体の老化につながるといっても過言ではありません。

大切な建物を丈夫に保護して美しく清潔に維持したいものですよね。

チョーキング現象

塗装の表面を手で触ってみてください。

チョークの粉の用に、手に老化塗膜がついてきます。

そのままにして置くと、外壁の反りや、モルタルの剥がれ等を

引き起こします。

ページの上へ移動

ページ上部へ

目視にて検査して下さい。
見苦しいだけでなく、上記の症状を促進します。

カビ・苔

工事内容を確認する事が大切です。
このため、たくさん見積をとって適正価格を知る事と、
でも塗装工事の品質は、5年近く経過し初めて分かります。
もちろん価格は、安い方がいいですよね。
数年後 密着不良を起こし 次回の塗替えが困難になります。
下塗り材料の選択などで決まります この選択を誤りますと
下地の材質や状態 旧塗膜の材質や状態を考慮した下地処理方法
塗装工事の価格は、塗装面積や、使用塗料以外に
かなり大まかで、すみません。現場を見ないと分からない事が多いのです。
色彩について
お客様の声
塗装知識
カラーシュミレーション
光触媒
価格表
会社案内
トップページ
特殊塗装
塗装に関する基礎知識

2 費用について

1 塗り替え時期について

4 色彩について

3 材料について

5 工事期間について

6 業者選びについて